整形外科・リハビリテーション科

診療時間
平日 13:00 〜 20:00
土曜 10:00 〜 17:00

休診:日曜・祝日

スタッフブログ Staff Blog

足関節捻挫と思っていたら・・・

こんにちは!診療の原田です。

今年も残すところ、あとわずか。

本格的に冷え込みが強くなってきました。

皆様、体調管理には十分にお気をつけください。

 

さて、今日は小児(特に学童期)の足関節捻挫についてお話ししたいと思います。

足関節の捻挫は、スポーツシーンや日常生活でも発生頻度が高い外傷であり、

経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

足首を内側に捻る。いわゆる内反捻挫(内返し)が多く、

足関節の外側靭帯を中心とした組織の損傷を起こします。

ときに骨折など骨組織の損傷を合併し、強い痛みや腫れが出現し

歩行が困難になることもあります。

 

発育途中の小児(特に学童期)に発生した足関節捻挫(内返し)では、

靭帯による牽引により、まだ柔らかい骨部分(外くるぶし部分)が

引っ張られ、剥離骨折を起こしてることが多々あります(特に初回受傷)。

患側:左(向かって右)単純レントゲン検査(正面)では特に異常ないように見える

 

特別に角度をつけて撮影することで剥離骨片が確認できる(青矢印)

 

特徴的なのは、痛みはあるものの歩行が可能であることが多く、

人によってはジャンプも可能であることがあります。

そのため、軽い捻挫だろうと放置されることがあります。

実際に当院を受診され、剥離骨折と診断された方の多くも歩行は可能で、

つま先立ちやジャンプが可能なことが大半です。

この小児の足関節捻挫に伴う剥離骨折(外くるぶし部分)や外側靭帯損傷の

適切な治療がなされないと、関節を制動する靭帯の機能も回復しないことがあり、

慢性足関節不安定症(Chronic Ankle Instability : CAI)と言われる

慢性的に足関節に不安定感を抱いてしまう病態 一般的には「捻挫ぐせ」となり、

平地の歩行時やスポーツでのサイドステップなどでも捻挫を繰り返すようになることで

靭帯だけでなく、軟骨損傷のリスクが高まります。

場合によっては、手術での治療が必要となる状態へ発展することがあります。

当院では、レントゲン検査(剥離骨折は通常の撮影方法では発見しにくく、

特別に角度をつけた撮影を行う)やエコー検査で剥離骨折がないか、

慎重に診療を行い治療を進めております。

 

「たかが捻挫」と考えず、早めの受診をお勧めいたします!

タケスポ メディア

TAKESPO MEDIA view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科では、院長 武田康志の監修のもと、スポーツ毎に症例の多い怪我や予防・ストレッチの方法などをメディアとして発信しています。

スタッフブログ

スタッフブログ view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科のスタッフブログです。元気なスタッフが日常を綴っています。

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科 view

当院は、皮膚科・美容皮膚科を併設しています。もっと気軽に美容を楽しんでいただけるよう、専門医が日々患者様と向き合っています。お気軽にご相談ください。

タケダビューティークリニック オンラインショップ

タケダビューティークリニック オンラインショップ view

ゼオスキンヘルス・エンビロン・ラロッシュ ポゼをはじめとする各種メーカーの商品やりわDrセレクトコスメ・セレクトサプリ等を販売しています。

Enjoy Sports in all your life with TAKESPO!!

電話番号:092-874-7505

診療時間:平日 13:00-20:00 土曜 10:00-17:00

  • TEL
  • ACCESS