整形外科・リハビリテーション科

診療時間
平日 13:00 〜 20:00
土曜 10:00 〜 17:00

休診:日曜・祝日

スタッフブログ Staff Blog

【腰痛で整形外科を受診する基準】

【腰痛で整形外科を受診する基準】

6月に入りトレーニングを再開するクラブが多くみられています。

長期間の休み開けのトレーニングで増えるのが肉離れ、腰痛、疲労骨折です。

今回は腰痛について

『こんな場合には早めに医療機関への受診してほしい』

というのがテーマです

スポーツ整形外科に腰痛で来院される選手は多いのですが、

腰痛の一番の原因は筋肉に関するものです。

私自身の約20年の経験では

①筋筋膜性腰痛症

②腰椎捻挫

③腰椎分離症(疲労骨折)

が大部分を占めます。

 

ここからはだいぶ頻度が下がって、

④腸骨骨端症

⑤仙骨疲労骨折

⑥腰椎ring appophysisの解離によるヘルニア様症状

⑦腰椎ヘルニア

という順になります。

 

腰痛の原因トップ3(①~③)の中でも腰椎分離症はやっかいです

 

なぜなら、

例えば左側の疲労骨折で『この程度の痛みなら頑張れる』と我慢してプレーを続けると、

今度は右側まで疲労骨折してしまうからです。

また、中途半端な期間の安静だけで復帰すると、

結局疲労骨折の部分が癒合せず亀裂が残り、

再度同じ部分の痛みがでたり反対側の疲労骨折の原因になるからです。

 

では

<どんな時に医療機関を受診すべきか?>

  • 2週間以上続く腰痛
  • 腰椎伸展痛(背中を反らせると痛みがでる)
  • いつもよりも痛みが強いと本人が感じた場合
  • スポーツパフオーマンスに影響するレベルの痛みを感じる

 

こうした場合は、是非医療機関を受診すべきです。

《参考文献》

西良浩一ら :学校スポーツと腰痛 第18回日本腰痛学会 2010年10月 札幌

発育期の152例を対象にした調査

2週間以上継続して腰痛がみられる場合、約半数の症例が腰椎分離症を有している

 

Sairyo K et al:Spine 2006;31(2).206-211

分離症の早期発見にはMRIが有用

初期分離症では全例で隣接する椎弓根に浮腫が発現しSTIR-MRIでは浮腫が白く写し出される

タケスポ メディア

TAKESPO MEDIA view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科では、院長 武田康志の監修のもと、スポーツ毎に症例の多い怪我や予防・ストレッチの方法などをメディアとして発信しています。

スタッフブログ

スタッフブログ view

タケダスポーツ・ビューティークリニック 整形外科・リハビリテーション科のスタッフブログです。元気なスタッフが日常を綴っています。

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科

タケダスポーツ・ビューティークリニック 皮膚科・美容皮膚科 view

当院は、皮膚科・美容皮膚科を併設しています。もっと気軽に美容を楽しんでいただけるよう、専門医が日々患者様と向き合っています。お気軽にご相談ください。

タケダビューティークリニック オンラインショップ

タケダビューティークリニック オンラインショップ view

ゼオスキンヘルス・エンビロン・ラロッシュ ポゼをはじめとする各種メーカーの商品やりわDrセレクトコスメ・セレクトサプリ等を販売しています。

Enjoy Sports in all your life with TAKESPO!!

電話番号:092-874-7505

診療時間:平日 13:00-20:00 土曜 10:00-17:00

  • TEL
  • ACCESS